夏 乾燥肌

MENU

夏なのに肌がカサカサした乾燥肌になるのはなぜ?

暑い夏、肌の表面は汗や皮脂でベタベタですが、肌内部は意外と乾燥しています。
その原因として主にあげられるのが紫外線や冷房などによるダメージです。

 

紫外線は、肌の奥の真皮にまで到達し、肌にダメージを与え、ハリや潤いを奪います。
また、シミやしわ、たるみなどの原因にもなります。
一方、夏場のエアコンや扇風機の冷風からも肌は刺激を受けています。
特に、炎天下で汗をかき、冷房の効いた屋内で急激に汗とともに肌が冷やされる、その繰り返しは肌に大きな負担をかけ、乾燥を引き起こしてしまいます。
これが俗にいう夏の乾燥肌です。

 

夏は肌が最もダメージにさらされている季節にもかかわらず、汗などで肌がしっとりしているように錯覚してしまうため、あまり意識しないままに乾燥肌が進んでしまうことも多いようです。
乾燥した肌は固くなり、化粧ノリが悪くなったり、毛穴の開きや黒ずみ、皮脂の過剰分泌などを招きます。そうなる前に、夏こそしっかり乾燥肌対策をしていきましょう。

《夏の乾燥肌対策》乾燥から肌の潤いを賢く守る方法

『夏の肌の天敵=紫外線や冷房による乾燥』
ということは裏を返せば、紫外線をしっかりブロックしつつ保湿を正しく行えば、乾燥しらずの潤い肌が守られるということ。
特に日焼け止めは、UVカット効果が高く、保湿も同時にしっかりできるものを選ぶことが大切です。

 

 

ハクデイズム サンプロテクトミルクは、肌に潤いを与え、なめらかに保ち乾燥を防ぐ成分に加え、肌を引き締めトーンを明るく整える成分を配合。
また、肌への刺激やダメージのもとになる成分を使用してないため、敏感肌の方も安心して使っていただけます。

 

*1 マリンプラセンタ・セラミドコンプレックス・ヒアルロン酸・ホワイトクレイ・コラーゲン・ハチミツ
*2 ホワイト377・ホワイトストロベリーエキス
*3 香料・タール系色素・鉱物油・アルコール・エタノール・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤 すべて不使用

 

化粧下地としても使えるサンプロテクトミルクは、乳液のような付け心地。
さらっとしたテクスチャーが肌に潤いを与え、化粧ノリもばっちりです。

 

正しい日焼け止めで、ダメージから肌を守り、暑い夏を乗り越えましょう。